女子タクドラの独り言

人口37万人都市で頑張るタクシードライバー
個人タクシーを夢見る女のブログです

I can't speak English

今日のお客様


外国人ビジネスマン 二組

まあまあ珍しい


助手席に座った日本人が、どうやら私の説明をしている


「ジャパニーズ、ウーマン、タクシードライバー、メニー」

そんな単語は私にも解る

けど、私はニコっと笑みを返すくらいしか出来ない…

せめて自己紹介くらいはと思うけど、恥ずかしい(泣)


サラっと自己紹介が出来たらどんなにカッコいいか…

その度に英語を勉強したくなるが、なるだけ(笑)


外国語が聞こえる車内というのは、非日常な感じで私は好き


今日は、満足のいく売上だった


久し振りに宅飲みしようかな♪

素敵な紳士のお客様

本日のお客様


目的地到着前にコンビニに寄って欲しいと言われた為、一番近くのコンビニへ寄る


数分後、お客さんが戻ってくる


ドアを開け、再び乗車


すると、後ろから

「はい、運転手さん、お茶」

と、ペットボトルのお茶を私にくれた


ステキ~


時々、こんな素敵なお客さんに出会える


私もそうやって気遣いが出来る人間になりたい


今日も暑い、頑張れる、ワタシ!

タクシーにも上座がある

ビジネスマナーでは常識らしい

私は運転手になって初めて聞いた


上座は運転手の後ろの席だと


それからというもの、ビジネスマン系が乗車する時、ついつい上下関係を意識し、ドアの前の対応をチェックしてしまう


「あーこの人はちゃんと知ってるな」

とか

「あー先に乗っちゃった…」

みたいな


ま、乗り降りしやすい助手席の後ろに座りたいって事もあるけどね


で、先程のお客さん

うちのチケットを持った常連M弁護士


いつもは一人だけど、今日は、二人で乗車

ツレはやや若めな男


ドアを開けるとそそくさと乗ろうとした為、M弁護士が後ろから

「オイオイ」と声を掛けた


あなたが先に乗ったらダメなんだなー


マナー=常識


身に付けたい!