女子タクドラの独り言

人口37万人都市で頑張るタクシードライバー
個人タクシーを夢見る女のブログです

やられた~

本日、最初のお客様

四人家族 父巨漢


うしろのドライバー達が心配そうに私を見ている

ひっくり返っちゃうじゃないかと

大丈夫、私でバランス取るから(笑)


早めにブレーキをかける

「あー止まった」 良かった…(笑)

なんてのは冗談だけど


無事、目的地到着


ドアを開け、巨漢が降りると、そこには大きなうす赤いシミが…


マジかぁ…と心が叫ぶ


てか、何、このシミ…意味分からんだけど…

女性やお年寄りなら無くもないけど…

ん?は? あー気持ち悪くなってきた


てか、痔?は?


てか、汚れたの奥さん気付いたのに何も言わんとか、そっちの方が無理だわ…

しかも、降りた場所、レンタカー屋だし、今からそのケツで、レンタカー乗るとか、出掛けるとか、マジで無理だし…

大丈夫か、あんた達


運良く?営業所の近くで空車だったから、そのままシーツ交換しに、走った


すでにやる気なし、帰りたい、ワタシ、頑張れるか?

男尊女卑?(後編)

女は運転が下手だと言う男

たまに私の周りに出没する

いやいや、男だって下手な奴はいくらでもおるわ

その考えが男尊女卑なんじゃ、ゴラァー


で、その中年男から学んだ事


同じ思想の輩が乗車した時は、聞いてるフリして、ムーディーみたいに受け流すぅ♪


お客を降ろし、バタンとドアを閉めたらこっちのもん


「可哀想な人だったなぁ…」

「プライベート、絶対、うまくいっていないわー」

と、言えなかった言葉を、私の気が済むまで、呟く


そんな私はストレスフリー?

男尊女卑?(前編)

忘れられない客がまだいた

中年男


お迎えに行き、自宅から駅まで


途中、右折待ち中、トラックがパッシングした

私はそんな予定じゃなかった為、ワンテンポ遅れた形で発進


そしたら

「チッ だから、女は運転が下手なんだ、ブツブツ…」


色々言われたが、それしか覚えてない

最初は、何も言い返さずに聞き入れてたけど、段々イライラしてきて、言ってやった


『男性ドライバー指定って出来ますので、次からそうして下さい』と…


精一杯の抵抗…


今ならもっと上手い返しが出来るはず


今日も暑い、頑張れ、ワタシ!!