女子タクドラの独り言

人口37万人都市で頑張るタクシードライバー
個人タクシーを夢見る女のブログです

どうせならコントがしたい(笑)

GWも、しっかり仕事(泣)


昨日、物忘れが始まっているであろう殿方を駅から乗せた


走らせ、すぐに

「運転手さん、生まれはどこ?」

と、話し掛けられた


そう、そう、私の名字、あんまりないの

お客さんから聞かれる質問No.1級


私は生まれも育ちもここなんだが…

父親がね~みたいな話で終わる


会話が途切れて数分後

「運転手さん、生まれは…」


『ん?あ、あ、ここです』(マジかぁ)


目的地へ着くまでこのやり取りが4回


ギャグかタクシーコントかの勢い(笑)


ちゃんとお付き合いしましたよ(笑)


今日も暇だろうな~

モチベーションの上げ方

ここ最近、モチベーションが上がらない、上げられない、どうやったら上がるんだろうかと悩む事が増えた


休憩中、M君にその話を振った

(M君とは 以前居たタクシー会社で一緒だったイケメン年下君 先に辞め、今のタクシー会社に入り、私も数年後、入社 再会した時は、嬉しく、知り合いが居る事に緊張も少し和らいだ)


M君も私と一緒で、売上、全然やらない子(笑)

話を振った私がバカだったか(笑)


「ダラダラやりゃーいいじゃん!」と(笑)


(いやいや、君は、あと一年くらいで個タクが出来るじゃんかー 私はまだまだ先が長いよ)

と、心で叫ぶ


世間は、新学期、新年度なんて言われてるけど、区切りがない私達の仕事は、どうやって新たな気持ちを持って、仕事に取り組むのか…


考えた所で、今日もダラダラしちゃった感あり(笑)


それでも、やっぱりタクシー好き(笑)

お世話になったY氏との別れ

空車になり、走り出すと、こっちをガン見してくるおじさんが立ってた


「わぁーYさんだ」

と、車を寄せ、外へ出る


Yさんは、某テレビ局の取材班の方で、私が新人の頃、たまたま無線でお迎えに行き、

「新人です」

と、挨拶をすると

『売上に協力しようか』ってな感じで、遠くへ行く取材には、連絡をくれた


日勤帯では絶対に出来ない営収を何度も経験させてくれた


一度、牛丼もご馳走になった(笑)


半年位経った頃か…

直電での取材の指名はNGだと指導を受けた

Yさんにもその事を伝え、私に乗ることはなくなった(そもそも女性ドライバーには取材は当たらないもの)


もうすぐ定年だという話を聞いていた


ずっと会えずにいた


やっと会えた

とっさに

「駅まで送りましょうか?」と


すでに定年を迎え、単身赴任から自宅へ戻られ、たまたま用事で来たその日に、偶然会え、今までの感謝を伝える事が出来た


降りる際、Yさんから握手を求めてきた

慌ててグローブをはずす


県内は県内だけど、もう二度と会えない気がするけど、

「また、会えそうな気がします」

と、伝えお別れした


タクシーは、いろんな出会いがある

そんな所も私は好きだ


今日は、メッチャ暇な1日だったけど、無事故で帰宅


明日からも頑張る、私!